今年の天皇杯はまさに番狂わせだらけ!! 波乱が逆に面白すぎる

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 
 

善戦虚しくいわきFC敗れる・・・

 
 
以前7部相当のいわきFCについて記事にした。以下
まさにジャイアントキリング!!
 
 
社会現象となった快進撃…試合後には清水サポからも“いわきFCコール”「胸を張って帰ろう」

 
 
[7.12 天皇杯3回戦 清水2-0いわきFC アイスタ]
 
 

内容面でも完敗だったかもしれない。
ただ試合後、スタジアム全体から送られたいわきFCコールや拍手が、いわきFCの健闘ぶりを何よりも物語っていた。
 
 

いわきFCは開始1分に満たない時間帯での失点。
出端をくじかれると、前半15分すぎから持ち直してチャンスを作る時間帯もあったが、1点ビハインドで折り返した後半6分に追加点を奪われる。勢いを削がれたいわきFCにもう一度反撃する力は残っていなかった。
 
 

県リーグを戦う7部相当のアマチュアクラブの快進撃は社会現象になっていた。
2回戦でJ1の札幌を破ると、全国ネットのニュースでも特集が組まれるほどの注目度を高めた。
だからこそ勝ってさらに名声を高めたかったところだが、主力選手を並べるJ1クラブの壁は厚かった。
 
 

田村雄三監督は「清水さんとのスタイルと違う、いわきFCらしいサッカーは出来ていた」と評価。
「あのレベルでサッカーをやらないといけないということを肌で感じることが出来た。
胸を張って帰ろうと思う」と清々しい表情で話した。
 
 

また敵将の小林伸二監督も「思った以上に浮き球やルーズボールへの反応が強かった」と語ると、「いいチームだった。最後のところが少しルーズだったので助かった」と相手の充実ぶりに脱帽していた。
 
 
引用元:ゲキサカ

 
 
今後のいわきFC注目して追ってみたいチームです。
皆さんも注目して見て下さい!!
 
 


ジャイアントキリング!! 筑波大ベスト16入り!!

 
 
筑波大OBの敵将は脱帽も…ヘッド2発のFW中野「足で入れてナンボ。自信は半々」
 
 
[7.12 天皇杯3回戦 筑波大2-1福岡 Ksスタ]
 
 
敵将も脱帽する2発だった。筑波大がJ2福岡を2-1で下し、大学勢としては09年度大会の明治大以来、8年ぶりの16強入り。
J3YS横浜、J1仙台に続いてJクラブ勢を3連破する立役者は、やはりエースのFW中野誠也(4年=磐田U-18、磐田内定)だった。
 
 

0-0で迎えた後半24分、MF西澤健太(3年=清水ユース)からのマイナス気味のクロスに下がりながら体を投げ出すヘディングシュート。先制のゴールネットを揺らすと、同34分にも右サイドからMF浅岡大貴(4年=JFAアカデミー福島U18)が折り返したグラウンダーのクロスに頭から飛び込んだ。
 
 

地面すれすれのボールを押し込むダイビングヘッドで天皇杯は3戦連発となる通算5ゴール目。
「クロスが上がってきたときは冷静で、最初は足でいこうかなと思ったけど、ふかす可能性もある。
一番、(ミートする)面の大きい頭でいこうと思った」。ストライカーらしい嗅覚で勝利を大きく手繰り寄せた。
 
 
筑波大OBでもある福岡の井原正巳監督は中野について「センターバックとの駆け引きが上手で、裏を取るタイミングも優れている。クロスへの入りも含めて、怖い存在だった」と称賛。
「ケアしていたが、その中でやられている。Jリーグに入っても十分、通用する選手だと思う」と、来季の磐田入団が内定している敵エースに太鼓判を押した。
 
 

それでも中野自身は至って冷静だ。2回戦のJ1仙台戦(3-2)でもCKからヘディングでゴールを決めているが、「3点とも頭。100%満足いく内容じゃない」と貪欲に言った。
「やっぱり足で入れてナンボ。大学では足に触れるところで、今日も触れないシーンがあった。自信は半々」と、Jリーグ勢相手の連続ゴールにも過信はしていない。
 
 

筑波大の小井土正亮監督は「もっとチャンスがあったし、彼への要求は高い。2得点は素晴らしいが、もっともっと取ってほしい」と、あえて釘を刺した。
「彼は仲間に助けられて点を取れる選手」とも指摘したが、中野も「周りのみんなのおかげのゴール。周りのみんなに感謝したい」と応じる。
「自信は持っているけど、Jクラブほどの実力があるとは思ってない。一戦一戦、いい準備をしているだけ」。謙虚に、貪欲に。筑波大のエースはまだまだ満足していない。
 
 
引用元:ゲキサカ

 
 
筑波大のジャイアントキリングまだまだ続いて欲しいと願う一方
筑波大 FW中野誠也選手の今後も目が離せない様になりました。
大注目選手です!!
 
 

●最後までお付き合い有難う御座います●

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報