少年サッカー指導者|根性論は必要ですか?

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 
 

スポーツ・サッカーに必要な何かとは??

 
 
私も出来の悪い指導者ではあるが、指導者の端くれである。
自分が出来の良いサッカー選手であったならば考え方も違っていたのかもしれないが
正直言うと何処か最後は 
” 気持ち ”
の部分は少なからずあると思っている。
 
 
昭和の人間と言われればそれまで。
時代と逆行していると言われればそれまでの話しかもしれない。
今私も指導者として小学生を教える立場にある。
 
 
現代社会で” 根性論 ”なんて話すつもりなら叩かれる
またそんな事よりもサッカーを教えて!!
と言われる保護者が山といるのも現状かもしれない。
 
 
勿論サッカーをやっているからサッカーを教えるのは当たり前。
勝つ事が全てとも勿論思っていない。
 
 

昨今スマートフォンの普及から手軽にゲームが出来る時代です。
ゲームと言えば・・・
負ける!!
と思えばリセットボタンを押せば始めからゲームはスタート出来ます。
 
 
今の時代リセット出来るが当たり前の様な時代です。
サッカーの試合でもリセット出来れば簡単です。
しかしサッカーの試合ではリセット出来ないんです。
 
 
我がチームに限ればありえませんが、点差が開くと腐って試合を放棄する様な子供を見かけるチームもいます。
私からすれば信じられません。
我がチームに限れば即交代でしょう!!
又そういう行動を許している指導者の方も私には信じられませんが・・・
まあ他人のチームなんで考え方もあるのでしょうが。
 
 

スポンサーリンク



試合に限れば今回の関西大会でも一方的にボールを支配される試合が何試合もありました。
そうなるだろう事も予測していました。
この辺りは考え方にもなるのかもしれませんが、私は一方的にボールを支配されていたとしても
1回ないし2.3回はこちらにも絶対にチャンスがくると思っています。
 
 
関西大会でも一方的にボールを支配され、現チーム結成以来の0-7と一方的に敗れました。
(結成当初奈良の強豪チームと試合をし0-10が最高に負けた試合です)
前半0-2でしたが、決して私は子供達を諦めさせません。
最後までベンチから鼓舞し試合を続けさせます。
 
 
案の定一方的にボールを支配されていましたが、何度かチャンスも作りました。
1度2度3度と・・・
諦める事は簡単なんです。
 
 
関西大会2日目も2試合目前半が終って0-2のビハインド。
ハーフタイム時
『0-2の点差が一番危険なんやで。1点返されたら向こうのチームは焦りだすから。
 サッカーなんてそんなもんや。2点返そうと思うな。1点返せば必ず流れが来るから!!』
 
 
案の定後半10分
我がチームコーナーキックからこぼれ球を押し込み1点を返す。
流れは一気にやってきました。
1本 2本・・・決定機を決めきれず・・・これで勝敗決した感じでしたが
今の現状 決めきる弱さも露呈してしまいましたが、流れはやはり来るものです。
 
 
流れを読むのは指導者の役目です。
しかし諦めない・絶対に勝つんや!!
これは実際に試合をやっている子供達がやるものです。
 
 

こう言う強い気持ち現代社会ではなくなりつつあるのかな・・・
なんて思ったりもします。
全てが根性論とも思わないが、どこか最後は気持ちの部分が
サッカーに限らずスポーツ全体を通してある様に思う変態指導者です。
 
 

 

●最後までお付き合い有難う御座います●




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報