忘れてはいないが再び気付かされたキッカケになった出来事

目安時間:約 5分
スポンサーリンク

●継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 
 

声を出す大切さ!!

 
 
先週土曜日深夜の番組で大阪府ラグビー強豪校 東海大仰星高校の練習風景がテレビ放送されていました。
私も子供達を指導するにあたり、声だし・声掛けを良く話していました。
 
 
『声を出すことはサッカーの技量が上手い下手は関係ないよね。サッカーが下手やからこそ
 周りの人間が声を出してサポートしたり、また声を出す事によって声が相手選手にとってはフェイントになったりするよ    ね!!』
と子供他に伝えています。
 
 
また間違った声掛けしている子供も時々いる事に注意します。
これは私だけのチームに限らず色々な学年・他チームにも見受けられる事でもあります。
 
 
例えばチーム内で影響力のある子供・チーム内でサッカーが上手い子供・チーム内でジャイアン的存在の子供が
どちらかと言うと大人しい・控えめ・あまりサッカーが上手くない子供に対し
怒号をあびせると言うか、きつい・厳しい言葉を浴びせて萎縮する・・・
 
 
事が大きくなると、『あの子にこんな事言われるからサッカー行くの嫌だ・・・』
と退団してしまう子供までいます。
事実私もこの経験をしています。
そこまで見れてなかった自分に反省しました。
 
 
その子供に対し本当に悪い事をしたと言う自分がいるのも事実です。
しかし二度と同じ過ちを繰り返させない為にも
今の子供達には伝えています。
 
 
『自分はサッカーもそこそこ出来て自分もミスをする事もある。自分はミスをしても回りに言われる事ないよね。
 あの子の性格どんなんやろう? どちらかと言うと大人しい性格じゃないかな?
 あの子の立場に立ったらあの子は言われるのが嫌だから萎縮するかもしれないよ??』
 
 
『でも自分とよく似た性格、どちらかと言えば人が失敗するとバーっと言う性格のA君には言わないよね??
 それおかしくないかな?? それが人を平等に見てるといえるかな??』
 
 
スポンサーリンク




 
 

たまたま他の学年でもそう言う事を耳にした時は伝えました。
担当コーチにしたら見えてなかった部分かもしれませんが
事が重大になる前に私は他の担当の子供であれ気になる事があれば伝える様にしています。
 
 
これってやった人間しか解らない事かも知れませんが
担当コーチ以外の子供に” 伝える ”って非常に難しいです。
 
 
私だけかも知れませんが・・・
人間関係が出来ていると出来ていないなの違いは非常に大きく感じます。
担当コーチ以外のコーチから言われても右から左の子供って非常に多いです。
悲しいですが・・・
ボランティアコーチでそこまでしようとなると正直至難の業かなとも思います。 笑
 
 
話が少し反れましたが
『声を出す・声を掛ける』
サッカーの技術や技量に関係ない部分ですが
相手を思う気持ちや、声を出す事によって勇気や気持ちを高ぶらせる事も勿論出来ます。
 
 
しかし声だしだけの練習はしませんよ!! 
たまにそんな指導者見る事ありますが・・・私には理解出来ません。
サッカー教えるのか応援教えているのか??たまにみかけますがね。 笑
 
 

サッカーの練習の中で声を出し、メッセージを相手に伝えられる
人間に成長していって欲しいと願うばかりです。
 
 

数多くもないチームメート。中学高校になるとみんな違うチームになるかもしれない。
しかし世間は広くないよ!! またどこかで必ず出会うから!!
6年生の最後までみんな仲良くサッカーやっていこうぜ!!
 
 

●最後までお付き合い有難う御座います●

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報