ライフキネティック理論に興味があり勉強してみる。

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

●継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 
 

 
 

少年サッカーにライフキネティック理論は本当に有効なのか検証してみる

 
 
日本代表の香川真司選手が所属しているチーム ドルトムントも取り入れている
” ライフキネティック ”トレーニング。
 
 
ルーツを辿ると元ドイツ代表 エースストライカー ユルゲン・クリンスマンが
2004年にドイツ代表に取り入れたとされています。
 
 
どこにでも良くある事かもしれませんが、
導入当初は抵抗や反発も数多くあった様です。
 
 
その後のアンダーカテゴリーも含め数々のドイツ代表の結果・活躍からすれば
キネティックトレーニングを取り入れた事は成功だった様に思います。
 
 
新しい事を取り入れ結果もついてくればやはり注目もされます。
 
 

ライフキネティック理論とは??

 
 

2つ以上の不規則な運動を交代しながら行い、2つの異なる運動の組み合わせ。
うーんなんとも言葉で説明するのは難しいですね。笑
 
 
例えばですが、私なりにはこんな感じで解釈しいます。
1)上下に屈伸運動をします。
2)歌を歌います
3)両手を使いお手玉をする

 
 
出来るか解りませんが一つの例です。笑
 
 
2つ以上の不規則な運動を交代しながら行い、
2つの異なる運動の組み合わせを行う事により
運動の能力も勿論上げながら、同時に脳を活性化させるトレーニングです。
 
 
サッカーというスポーツは一瞬一瞬の判断のスポーツです。
以前にも少しお話していますので以下ご覧下さい。
少年サッカー選手はなでしこサッカーを観よう!!
この判断能力を上げるトレーニングの一つが
ライフキネティックトレーニングだと私は認識しています。
 
 

スポンサーリンク




ライフキネティック理論を自分なりに勉強しオリジナルのトレーニングをしてみる

 
 

では実際にトレーニングやっている映像です。
以下ご覧下さい。
※あくまでオリジナルで考えている練習メニューです。
ライフキネティック理論とは無関係であります。悪しからず。
 
 


 
 

リフティングしながら、マーカーを右回し。
(※ちなみにボールは3号級で4号級の重さのボールを使ってます。
 ここでもいつもと違う感覚で脳に刺激を与えてます。)
 
 

この辺りは練習すればすぐに出来ると思います。
右回しが出来れば次は左回しといった様に変化をつけていきます。
 
 
では次は少し変化をつけましょう。
以下ご覧下さい。

 
 
いかがだったでしょうか?
始めはリフティングしながら、マーカー右回し・左回し
少し変化をつけ
リフティングしながら、頭・肩・前・後ろと変化を
つけて脳に刺激を与えています。
 
 
上の映像をご覧になってもらうと後はアイデア次第で
いくらでもバリエーションが増やせるメニューではないでしょうか?
 
 
後日他のバリエーションも掲載出きればと思っています。
 
 

まとめ

 
 

サッカーで良く行われる、リフティング練習。
ただリフティング練習をするのも勿論有効な練習だと思います。
 
しかしこの様にライフキネティック理論を取り入れたトレーニングを
リフティングに組み合わせる事で一石二鳥の練習が出来るのではないでしょうか?
 
 
私のトレーニングではこれを実際に、
練習開始時の時にアップとして取り入れてます。
このトレーニングをやったからスグに効果が出るのか?
 
 

こればかりはわかりません。
しかし実際にドイツ代表がライフキネティック理論を取り入れた後に
ワールドカップ優勝を果たしているのも事実です。
 
 
一本刃下駄※私は足が遅いです 笑で紹介していますが
子供達に良いと思われるトレーニングは取り入れて取り組んでいます。
 
 

私が良く口にする言葉。答えがあれば本当に簡単です。
答えがないから色々な事を試行錯誤しながらやっています。
良いと思えるものは今後もどんどん取り入れます。
 
 
少年期に取り組んだ事がどこかのカテゴリーで
子供達が活躍してくれる事を期待し
今後も色々な取り組みを行って行きたいと思っている次第です。
 
 

●最後までお付き合い有難う御座います●

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 少年団コーチ より:

    ライフキネティックに興味があり拝見させて頂きました。
    私はとある勉強会に出席しライフキネティックは資格がないと指導できないとお聞きしました。
    名称も商標登録されているので、無資格者の方は気軽に使うと法的に問題も…という話で正式に取得を考えています。無資格の方の記載しているライフキネティックの理論もかなり間違った理論で実践している方がほとんどだとおっしゃっていました。
    しっかりと学ばれて記載されていると思いますので、こちらを読ませて頂き私も子供達に正確なライフキネティックを資格取得し教えていきたいと思います。

    • YAN より:

      少年団コーチ様

      御意見・御指摘有難う御座います。
      この件に関しましてブログ内で後日ご説明させて頂きます。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報