ライフキネティック理論に興味があり勉強し色々と応用してみよう!!

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

●継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 
 

ライフキネティック理論とは以前にもご紹介
しましたので、始めての方は以下ご覧下さい。

ライフキネティック理論に興味があり勉強してみる。
 
 
色々な動きを複雑に取り入れ、脳を活性化させる。
ライフキネティック理論を取り入れている学校では
成績も上がっているとか。
 
 
サッカーの練習の出来、勉強の成績もあがれば
保護者の方にとってはこの上ない事ではないでしょうか?
 
 

ライフキネティック理論を自分なりに勉強しオリジナルのトレーニングをし複雑な動きを取り入れる

 
 
※あくまでオリジナルで考えている練習メニューです。
ライフキネティック理論とは無関係であります。悪しからず。
 
 

一度以下映像をご覧下さい。

 
 


 
 
いかがでしたか?
以外に簡単そうに見えますが実際にやってみるとてこずるかもしれませんよ。
 
 
聞き手の方は以外に早く出切る子供達がいます。
しかしこれが、例えば
右利きの場合、右手勝ち グー チョキ パーはやりやすいのですが
右利きの場合、左手勝ち グー チョキ パーに変わると
以外や以外苦戦します。
 
 
一度チャレンジして下さい!!
 
 

ライフキネティック理論を自分なりに勉強しオリジナルのトレーニング 超応用編

 
 
以下映像ご覧下さい。

 
 

リフティングしながら 右手勝ち グー チョキ パー&もしもしカメよ大合唱
小さな声で歌歌ったらもう一度始めからやらせます。 
ひどいコーチです 笑
 
 
これを連続3回させます。
※映像は右手勝ち グー チョキ パー&もしもしカメよ大合唱 のみ
 
 

映像は、
右手勝ち グー チョキ パー&もしもしカメよ大合唱
すぐに
左手勝ち グー チョキ パー&もしもしカメよ大合唱
すぐに
右手勝ち グー チョキ パー&もしもしカメよ大合唱
 
 
右手から左手に変える所、左手から右手に変える所が
非常に難しいと思います。
 
 
映像の子供は現在6年生。
映像撮影時5年生で、課題を与え1週間でやってきました。
やれば必ず出来ます。 トライしてみましょう!!
 
 

スポンサーリンク




コーンドリブルから相手との1対1

 
 
4年生から特にコーンドリブル&ドリブル練習に力を入れてやっています。
※以下参照
コーンドリブルに魅せられる秘密とは?
 
 
コーンドリブル練習した事をいかに実戦で
発揮させる事が出来るか。
 
 
どこでもある練習ですが1対1の練習を取り組んでいます。
今までは四角のグリッドを作り、辺から辺に1対1をやっていましたが
参考になる映像を観てからやり方を変えました。
 
 

以下映像をご覧下さい。

 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ただ単に1対1の練習をしていましたが、
辺から辺の1対1から、点から点の1対1に変えた事により
攻め側が場面の設定をしやすく、
右サイドの突破や左サイドの突破、又中央突破を
試合を想定した練習に変化出きる様になりました。
 
 
守備側の意識として、
●リターンパスからのトラップミスを狙う
●ボールホルダーが後ろを向いている時は前を向かせない
など、DFの決まり事とも言える当たり前の事は徹底させています。
 
 
また中央突破する際もただ単に中央突破する事も勿論OKですが
右に行くと見せかけ、右足アウトでターンをする
相手をいなしながら交わす、
 
 

又右に行くと見せかけ、右足アウトでターンをする
前を向きそうになる時に相手DFがボールを取りに来る時に
ダブルタッチで相手を交わすなど
 
 
辺から辺でやっていた1対1の練習が
この練習方法で大きく変わる事が出来ました。
 
 

まとめ

 
 
練習方法・考え方など人それぞれなんで正解もないと思います。
しかしポイントや教えたい事自分流にアレンジすれば
いくらでも練習は出来るんじゃないかと思います。
 
 
人の事を否定する方もいると思いますが
何を教えたい、何を学んで欲しい
これも指導者色々です。
 
 
正解がないから楽しいのも1つ。
正解があればもっと楽かも?も1つ。
 
 
これからもどんどん良いと思えるものは取り入れて
自分流にアレンジし子供達と取り組んで行きたいと思います。
 
 

●最後までお付き合い有難う御座います●

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報