この練習メニューは使えるよ!!

目安時間:約 4分
スポンサーリンク

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 
 

1対1での瞬時の判断 身体の当て方・身体の入れ方

 
 
10歩×10歩位のグリッドを作る。
以下ご覧下さい。
Cコーチがボールを出したら①と②の選手がスタートします。
必ずコーンを回ること。
コーンを回ったら1対1の始まりです。
ボールを持った選手が相手の背中側のラインを突破すれば終わり。
 
 
【パターン1】

 
 
【パターン2】
走って来る方向を変える。

【パターン3】
ボールの出す方向を変える。

色々走る方向・ボールの出所・ボールの種類(転がすのか・バウンドボールなのか)
一瞬の判断でどうするのかを養います。
 
 

スポンサーリンク





【ポイント】
●私が考えるポイントは、身体を入れてマイボールにするのか(身体の入れ方・当て方)
●マイボールに出来なかった。少し遅れたので構える
●マイボールに出来なかったが相手が後ろを向いてるので前を向かせない。ボールの奪い方。
●マイボールになった。相手がどちらからきているから逆に切り返し抜き去る。
●ギリギリのボールになりそう。 相手に寄ってボールは流しマイボールにする。
etc
 
 
はっきりいいます。
この練習始めたばかりでビビリの子供。全く身体あてにいきません。
これも練習です。繰り返し繰り返し練習すればギリギリのボールなら身体を当てて身体を入れればマイボールに
なるのも覚えてきます。
 
 
後ろ向きになった相手に対しても前を向かせない為にどうするのか?
またどの様にボールを奪いにいけばいいのか?
 
 
感覚の良い子供はボールに寄ってボールを流しマイボールにするおしゃれな子供も出てきます。
 
 
4年生くらいからコツコツこの練習すればギリギリのボールの奪い合い、身体の入れ方・当て方は上手くなりますよ!!
これもだいぶ以前の話。
どこかの練習試合でどこかのコーチが練習しているのをみて
自分なりにアレンジし、自分が教えたい事を工夫しながらやっている練習メニューになります。
 
 
身体の入れ方・当て方がうまくなってくれば次は手です。
手は昆虫で言う” 触覚 ” です。
相手を押したり、引いたりするもんではないです。
手の使い方も教えられればより実践で使える様になるのではないでしょうか!!
 
 
ご参考まで一度興味あれば練習に取り入れて下さいませ!!

●最後までお付き合い有難う御座います●

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報