本田圭佑選手 ピンチか?!

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 
 
失礼ながら昨日のブログにも私も書いていましたが、サウジアラビア戦 右サイドで先発した本田選手 あきらか調子は悪かった様に思えましたが、私がどうのこうの言う前にやはり本人が一番解っていた様ですね・・・
まあただでは転ばない様な男だと思いますのでこれからあと約9ヶ月の間で本調子復帰出来る事を本当に願っています。
 
 

本田圭佑、代表落選危機「全然ダメですね。何を言っても言い訳になるんで」

 
 
◆2018年ロシアW杯アジア最終予選B組 サウジアラビア1―0日本(5日、ジッダ、キング・アブドゥラー・スポーツ・シティ)
 
 

 本田、サバイバル初戦でロシアW杯争い早くもピンチ!? すでにW杯出場を決めた日本代表は5日(日本時間6日)、ロシアW杯アジア最終予選最終節をジッダでサウジアラビアと対戦し、0―1で敗れた。3トップの右FWで先発した本田圭佑(31)=パチューカ=は前半のみの出場となったが、ミスを連発し、ピンチを招くシーンも。ロシアW杯へ向けたサバイバルの初戦と位置づけられた一戦で、早くも23人の本大会メンバー入りへ黄信号がともった。
 
 

 “王様”としてかつて君臨した姿はそこにはなかった。前半43分。本田は右サイドで縦パスを受けると、中央へパス。これがミスとなりカウンターからサウジの左サイドバック、ハルビに左足シュートを打たれた。「全然ダメですね。何を言っても言い訳になるんで。ダメだったという結果しか残らないですね」。これまで主将を務めてきたMF長谷部離脱でキャプテンマークを巻いた背番号4は、勝利をたぐり寄せる働きはできず、逆にピンチを招いた。
 
 

 限定出場と決まっていた。「ゲームの出場時間も短く、ゲーム勘も欠けているのは分かっていたので、45分の前提で使った」とバヒド・ハリルホジッチ監督(65)。ACミランを退団し、メキシコ1部のパチューカに今夏加入。右ふくらはぎを痛めた影響でデビューが遅れ、出場はここ2試合を交代出場で77分だけ。関係者によると、当初ハリル監督は今回のオーストラリア、サウジ2連戦に向け、メンバー発表日の2日前まで招集しないことを決めていた。だが、22日(日本時間23日)のベラクルス戦で途中出場でデビュー弾。それを受け、土壇場でメンバー入りした。
 
 

スポンサーリンク





 
 

 前半37分にも右サイドでパスミス。前半は原口が左サイドでチャンスを作り出したのとは対照的に、本田はまったくリズムを作り出せず。指揮官は試合前日、「我々がW杯本大会に向けて大きく成長したければ、これは大きなテストになる」と話していた。来年のロシアW杯メンバーの23人を巡る「サバイバル」の初戦でアピールに失敗した。
 
 

 ジッダ入り後の練習ではインサイドハーフに入るシーンもあったが、本田はやはりトップ下へのこだわりがある。「まず(チームに)帰って、コンスタントに試合に出る。まずはそこかなと思います」と話し、「代表でも、チームでも自分の一番の良さは真ん中だと思う。真ん中でプレーして試合に出続けることが大事」とメキシコでの課題を口にした。かつて“王様”と呼ばれた圧倒的な存在感は戻るのか。ハリル・ジャパンでの本田の立ち位置が危うくなってきている。
 
 

 ◆日本・オーストラリア戦(8月31日、2●0)の世代交代 10年南アW杯以降、日本代表を先導してきたFW本田、MF香川は出番なし。2人がともにベンチ入りしながら出場機会がなかったのは、昨年6月7日のキリンカップ、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦以来2度目で、W杯予選などの公式戦では初めてだった。一方、ゴールを挙げたのはFW浅野とMF井手口で、世代交代を印象づけた。香川は6月の親善試合シリア戦で負傷した影響で万全ではなく、今回のサウジ遠征には帯同せず所属のドルトムントに戻った。
 
 
引用元:報知

●最後までお付き合い有難う御座います●






スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報