少年サッカー指導者|1歩も引かず真っ向勝負!!

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 
 

初めて?の感覚

 
 
その感覚とは・・・
リーグ戦でもカップ戦トーナメントでも味わえない感覚を自分自身凄く感じた事。
2日目 第2試合の事だった。
 
 
以前にもリーグ戦・トーナメントの違いを何処かブログで書いた様に思う。
リーグ戦は負けても次がある。 トーナメントは負ければ即終わり。
当たり前ですが戦い方・作戦を考えて指導者は戦うのではないかと思います。
 
 
この感覚とはまさに私が経験数が少ないが為に感じた事だと後になってわかった。
2日目 第2試合の時点で京都府代表で一番上に残っていたのが我がチームでした。
前日も下位トーナメントにいった他の京都府代表チーム指導者の方からは
『明日頑張って下さい!!』など
温かい声援を貰っていました。
 
 
2日目 第1試合終了時点で負けてしまった他の京都府代表チームの顔見知りな
保護者の方からも『是非とも上目指して下さい!!』
と温かい声援まで頂いていました。
 
 
2日目の第2試合目前に子供達にも
『京都で残っているのが我がチームのみ。
 京都の代表としてプライドを持って何が何でも勝って次の日を迎えよう!!』
と声掛けをして試合に挑みました。
 
 
先日のブログにも書きましたが前半を終了時点で0-2のビハインド。
先日のブログは以下
少年サッカー指導者|根性論は必要ですか?
 
 
後半前に以前のブログに書いた1点取れば何とかなる!!
と声掛けする前に、
『前半終って0-2。トーナメントやし相手に5点取られようが10点取られようが勝たないと次が無い!!
 勝負いくで!! 攻撃型で行くし点取りに行くぞ!!』と。
 
 
まあこの辺りは普通の指導者皆さんする事だと思います。
フォーメーションも3-3-1から3-2-2に変えました。
正直3-2-2なんてほとんどやってません。
何となくの動き方イメージだけ伝え後半に挑みました。
 
 
店を取り行くには自分の中では最高の答えを出したつもりでした。
攻撃出来る選手も勿論前に送り込みました。
しかしリスクヘッジも勿論考えて無い訳ではなくどこかリスク回避出来るだろうセンターバックの選手は置いておきました。
 
 
何と言っても相手FW トップの選手は大人170cm位の小学生です。
我がチームで当たり負けしないだろう子供をあてていました。
しかし中々チャンスを作れません。どれがフィッティングするのか2度・3度パターンを変えます。
変わらない・・・最後は京都の予選で戦っていたDF陣を送り込む。総攻撃です。
 
 
相手FW170cm位の選手にチーム1小さい子供133cmをセンターバックに置きました。
小柄ながらテクニックは十分。読みと駆け引きでDFする頭の良い子供です。
 
 
こちらもカウンターからキーパーと1対1の場面。キーパーに当ててしまいコーナーキック。
このコーナーからのこぼれ球を押し込み1-2となりました。
押せ押せムードの中決定機が中々表れない中、相手コーナーキックから
またもや170cmの大型FW選手にヘディングシュートを決められ1-3。
 
 
万事休すの状態でも私は諦めません。
まだDFを変え1発を狙いましたがタイムアップとなりました。
 
 
心底悔しい思いをしたのも初めてかもしれません。
逆転はなかったかもしれませんが、同店PKまで持って行くことは出来たのでは??
と何度も何度も自分と答えあわせを1日していました。
 
 
夜子供達が寝静まった頃、コーチと帯同保護者とホテルの1室で軽い宴をしていましたが
気付いている保護者もいたかもしれませんが、私は殆ど話をしていませんでした。
なぜなら
『悔しくて悔しくて・・・』
 
 
他のやり方は無かったのか? 3-2-2のフォーメーションで戦ったのが正解だったのか?
間違いだったのか?? あの時のメンバーなら京都予選で戦ってきたフォーメーションで良かったのでは??
色々頭の中をグルグル回っていました。
 
 
あのメンバー・あのフォーメーションを使った事のより子供達の中で少なからず不安があったのか・・・
などなど1日づっと考えてしまいました。
やりきった!!と自分で本当に思えなかったのかもしれません。
子供達には悔いのない様に!!
と言いながら私自身が何らか悔いめいたものがあったのかもしれません。
同点には出来たな・・・
 
 
でもこの負けをただの負けに終らせてはいけません。
この負けをいつか何処かの場面で発揮しないとこの経験した事がただの無駄になってしまいます。
この経験を・・・
心の片隅に置き、今後の糧として行きたいと心より思った経験でした。
 
 

●最後までお付き合い有難う御座います●




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報