新年度スタート!!

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

●継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 
 
4年生まで10名しかいなかった我がチーム。

2名の選手の移籍により我がチームは12名による新年度のスタートと

なりました。

 

 

フィールド選手 1名   キーパー1名の追加で

フィールド選手 10名 キーパー2名になりました。

2名が加わった事で今までいた子供達も少しは危機感を抱いてくれるか?

日頃自主練習はしているか?

色々と観たり・感じたり今日はしたいなと

ワクワクした気持ちで挑みました。

 

 

トレーニングマッチといっても今日は地域のフェスティバル。

どちらかといえばお遊び感覚に近いかな?

2名が加わって2回程しか練習もしていないので、

うまくマッチングしないのは当然だろうと挑みましたが、

新入団の選手が思いのほかバタバタで空回りしているのが

手に取る様に解りました。

 

 

漫画かよ・・・

そんな言葉が本当に出そうでした。笑

 

 

地域のチームとの対戦なんで相手もうちの事を知り尽くされています。

こちらも当然同じですが。

 

 

1試合目

少年団登録をしていない、言い方は失礼ですが

サッカー1色とは言わないチームとの対戦。

サッカーにドッジボールと楽しむ事が優先の様なチームだと思われます。

 

 

90%以上のボールを保持していましたが、こんな時こそしっかりと

今チームでどういうサッカーをするのか観たかった私ですが

子供達はどうしても点を取る事に必死。

得点は10点以上入りましたが、内容は最悪。

 

 

2試合目

先日地区の大会で決勝で疑惑のゴール判定で、最終的にPK負けしたチーム。

このチームは基本中盤なしの、

バーンと前に蹴りカウンター1本の様なチーム。

失礼ながら私が1番嫌いなサッカーです。

 

 

カウンターだけ気をつけながら、

今やろうとしているサッカーが1番出来たかなと思える試合でした。

 

 

ほぼハーフゲーム状態に近くボール保持率も60%~70%と

いった所だった様に思います。

 

 

DFラインからのビルドアップ

縦だけじゃなく、横へ斜めへドリブル。

そこで出来たスペースにスルーパス。

 

 

今最も取り組んでいる。

仕掛けの部分。突破するドリブル。

 

 

今回も右サイドからの崩しから折り返しをキッチリ決め

点差は1-0と得点は出来ませんでしたが久々ナイスゲーム!!

 

 

スポンサーリンク





3試合目

こちらはうちと対戦する時、いつもベタ引き、

ゴール前に5人位いる様なチームでしたが、

今回はフェスティバルもあったのか以外に普通にサッカーをしていました。

 

 

ゴール前にボールが入ると横に出す、前にボカーン!!

と蹴るのが通常でしたが、

ドリブルする所とパスを出す所ちゃんと出来ていましたし、

相手10番左利きの選手の成長にチョットビックリしました。

 

 

こんな子供いたかな??

っと思える程成長していましたね。

相手チームながら彼の今後の成長には注目したいと思います。

 

 

得点は彼に1点を決められましたが、辛くも点がたまたま入った感じ。

内容は全くダメですね。一言で言えば雑でした。

 

 

3-1でしたが何とか勝利です。

 

 

4試合目

20分連続での試合4本目。

確かにしんどいのはわかるがどこまで歯を食いしばり試合に臨めるか?

 

 

このチームは徹底的に

自分のチームのサッカーを教え込む様な私の印象があるチーム。

 

 

良い言い方で表現するなら丁寧。

我がチームには考えられません。なさけない・・・

 

 

悪い言い方をすれば、型に嵌められている。

自由がない様な気もします。

この辺りは私個人が思う事になりますのであしからず。

 

 

こちらも3-0と多少危ない場面もありましたが、

キーパーを含めDF陣の頑張りにより勝利する事が出来ました。

 

 

【総論】

 

 

勝てば全てが良いわけじゃなく

今やろうと取り組んでいる事への再認識は必要。

 

 

まだまだドリブルの際にボールが足元にくっついていない。

すぐにボールを失う。

 

 

身体の使い方・ターンはうまく出来ていた子供が出てきた。

増えてきた。

 

 

新加入メンバーが入った事による危機感の薄さ。

これが一番残念な事。

 

 

今後の彼達全員の気持ちの変化に期待したいと思いました。

 

 
●最後までお付き合い有難う御座います●

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報