少年サッカー指導者|他学年も勉強になる!!

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 
 

常に勉強!!

 
 
先週の日曜日、関西大会まえではある私5年生担当コーチですが
まさかのオフw
えぇーですよね!! 私がえぇーでしたww
 
 
そうその5年生が全員6年生のカップ戦に帯同する事になり
また6年生担当コーチからは私に帯同要請も無かったので私はオフとなりました。
 
 
この日は朝からグランドにも顔を出しましたが、低学年のみの練習ともあり、あまり口出しするのも
悪いので顔を出すだけで早々にグランドを去りました。
 
 
その後近くで4年生の大会がありそちらを見学させて貰いました。
この学年は担当コーチの厳しい指導もあり、
私の担当学年では考えられない位キッチリまとまりのある学年に指導されています。
学ぶ所多いです。
 
 
サッカーはと言うと、私から観た感想はポゼッションサッカー。
1個1個のボールを丁寧に繋ぐ学年です。
この学年もボカスカ蹴るサッカーはしません。
この学年を観た時思ったのは、今の5年生が同じ時期にここまで丁寧にボールを回せていたか??
と思うとそこまで丁寧に出来ていなかったと思います。
 
 
反面私から観れば、繋ぐ意識が高い為、ドリブル出来る所も
” パス ”
を選択してしまう面はあるかな?と思っています。
 
 
このブログで指導者としてやっている方も経験された事があるかもしれませんが
子供達ってとても純粋で真面目です。
どう言う事かと言うと、
指導者がドリブル中心に教えているとドリブルばかりになってしまったり
指導者がパス中心に教えるとパスばかりになってみたり・・・
これは指導者を経験しないと解らない事かもしれませんが大いに私も経験してきた事です。
 
 
状況を判断し、パスなのかドリブルなのか出来る様に教える事がどれ程難しい事か。
この言葉が適切か解りませんが、天真爛漫・自由奔放な子供の方が自由に発想が出るのかな?とも考えます。
これも考え方ですが、例えば子供達に自由にしていいよ!!
と言うと発想は良くなるかもしれません。しかし反面ワガママ・気ママ好き放題も考えられます。
 
 
決まりを作る。
これは自由とは逆に制約がつくので、指導者とすれば子供達をまとめやすいかもしれません。
しかし反面自由な発想は生まれにくい環境になるかもしれません。
これっておそらくですが答えは出ない様に思います。
 
 

スポンサーリンク




 
 

こう言う事を考えれば人を
” 教える ” ” 伝える ”

って非常に難しいものだなと改めて思いますね。
 
 
この日は2試合見学しましたが、勝った!! 負けた!!
と一喜一憂したい所ですが、どうしても観る所となると指導者目線になります。
 
 
『自分ならどうするかな??』
我がチーム4年生を観て、自分が相手チームの指導者ならこう攻めるな!!
また今ここでこの様な指示だすやろうな!!
我がチームの4年担当コーチがどう言う策を打つのかな??
など
” 客観的 ”
に観る自分がいて非常に勉強なりました。
 
 
翌日も4年生担当コーチとも色々と話をしました。
私が感じた事・感じる事。
偉そうと思われる思われないとかじゃなく、本当にチーム愛が強い我がチームのコーチは
学年分け隔てなく色々な話が出来ています。
 
 
私は仕事で同業種で親友がいます。
まあ私とは比べものにならない位大社長です。
その彼にも言われる事。
仕事場を観た時、
『客観的な意見が欲しい!!』
 
 
中にいる人間にしてみれば、どうしても中の事を冷静にみれない事が多々あると思います。
そんな時に客観的な意見があれば見えてない所も気付かせてくれる・・・
そんな事もあるのかな?とも思います。
 
 
考え方・捉え方・言い方・伝え方・・・
人によって本当に色々あると思います。
どれも間違いじゃないかもしれないし、正解でもないかもしれない。
この日は又色々な気付きを頂けた1日となりました!!
サッカーって楽しいね♪♪
 
 

●最後までお付き合い有難う御座います●




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●ブログを継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報