直接フリーキックと間接フリーキック 理解している??

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

●継続するとても励みになります。良ければ1日1回応援ポチッとお願いいたします●
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少年サッカーランキング
 
 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 
 
以前にもオフサイドについてルールの説明を書きましたが、
前回同様私は色々な方に訪問して頂きたいと考えていますので、
あえてサッカールールを理解されている方はスルーして下さい。
 
 

前にも書きましたが
相手を押したり、蹴ったり、つまずかせたり、etc
いけない事だな! 反則だろう!!
と言うのは想像出きるかと思います。
 
 

試合中不正行為・ファールの反則がありました。

反則があった場所にボールを置きフリーキックで試合を再開します。
 
 

その試合再開の時に犯された不正行為・ファールの反則の種類によって
【直接フリーキック】【間接フリーキック】とにわかれる。
 
 

フリーキックの違いについて

 

直接フリーキック

不正行為・ファールの反則があった場所からボールをおき、直接ゴールに入っても得点になるのが直接フリーキックです。
 
 

なおペナルティーキック(PK)も直接フリーキックの1つです。

ペナルティキックを知らない方の為に補足
 
 


※出典 サッカーのフィールド Wikipediaより
 
 

赤い線で囲った白い長方形をペナルティーエリアと言います。

このペナルティエリアで直接フリーキックに値する反則を守備側が犯すと

ペナルティーマークから攻撃側がフリーキックを蹴る事が出来る。
 
 

間接フリーキック

不正行為・ファールの反則があった場所からボールをおき、直接ゴールに入っても得点にならないのが間接フリーキックです。

 
 

どんな反則が直接フリーキック?
どんな反則が間接フリーキック??

 
 

直接フリーキックになる反則
    • 相手競技者を蹴る
    • 相手競技者を押す
    • 相手競技者を抑える
    • 相手競技者を蹴る飛びかかる
    • 相手競技者を転ばせる
    • 意図的に手や腕でボールに触れる


 
 
スポンサーリンク




間接フリーキックになる反則

 
 

ゴールキーパーが犯す反則で間接FKになる項目
(※FK フリーキックの略)
 
 

    • ゴールキーパーが6秒を超えて、ボールを手で保持する
    • 一度手からボールを離して、他の競技者が触れる前に再び手で触れる
    • 味方競技者からのスローインを直接手で触れる
    • 味方競技者から意図的にキックされたボールを手で触れる



これはいわゆるバックパス。
 意図的にバックパスをに行ったのかの判断をレフリーがする
 意図的とレフリーが認めれば関節フリーキックとなる
 

例えば・・・
ミスキックをしました。
そのボールがキーパーの所にたまたま転がっていった。
こういう場合は意図的とは言えない。
 

以上ゴールキーパーの間接FKになる反則です。
 

いづれの場合も、ペナルティエリア内で起こった場合です。
ペナルティエリアの外であれば、キーパーであっても
手を使う行為はハンドの反則で直接フリーキックになります。
 

(※キーパーはペナルティーエリア内でのみ手を使ってボールに触っても反則にはなりません)


 
 

ゴールキーパー以外が犯す反則で間接FKになる項目
(※FK フリーキックの略)
 
 

      • オフサイド ※オフサイドって何?参照
      • 接触はないが危険と判断されるプレー※足を高く上げるetc
      • 相手の進路を妨害する
      • ゴールキーパーがボールを手から離そうとするのを邪魔をする
      • スローインの際スローインをする競技者が他の競技者に触れる前に自らボールに触れた場合故意・故意ではないは関係ない
      • ゴールキック・コーナーキック時の2度蹴り。


    キッカーが他の競技者に触れる前に自らボールに触れた場合。故意・故意ではないは関係ない。
     

    ※例えばコーナーキックの際、コーナーキックを蹴る競技者がコーナーキックを蹴りました。ゴールに当たり跳ね返ってきた。誰も触れていない状態でゴールキックを蹴った競技者が跳ね返ってきたボールに触れた場合


     
     

    如何だったでしょうか?
    直接フリーキック・間接フリーキックの違いが理解して頂けましたか?
     
     

    また私と同じ立場である指導者の方々に
    私も含め、もう一度復習の意味こめ掲載させて頂きました。

     
     

    子供達の為スムーズに試合が運べるように、
    また保護者の皆さんに少しでもルールを理解した上で試合を観戦して頂ける様に
    作成いたしました。
     
     

    ご参考になれば幸いです。
     
     

    ●最後までお付き合い有難う御座います●

    スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. ドミンゴ より:

    ワールドカップ南米予選 ペルー対コロンビア戦で興味深い間接フリーキックがありましたね。
    間接なのにキッカーは直接と勘違い、味方に送らずそのままシュート。でも、キーパーも直接と勘違いしてボールを取りにかかりGKの手に当たってゴールに入ってしまう。
    そして、ゴールが認められる。

    直接ゴールに入っても得点にならないのが間接フリーキックです。と書いてありますが、
    キーパーや壁など、相手選手に当たっても認められるんですね。
    今回、初めて知りました。

    • YAN より:

      ドミンゴ様

      はじめまして。コメント有難う御座います。

      私観ていませんので何とも言えませんが、間接フリーキックの場合レフリーが片手を上げて『間接フリーキックだよ』と合図を出します。
      なのでキッカーは弾くのを考え直接狙ったのかな??

      キーパーも頭で解っていながらとっさに身体が反応し触ってしまった・・・あーあ・・・
      って感じではなかったでしょうか?^^;

      私もYOUTUBEなり後日拝見させて頂きます!! ^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報